中田亜希子のうつ病調査サイト

うつ病は、誰でもかかる可能性があります

うつ病になりやすい性格とは

うつ病は、ストレス過多の状況下に長くさらされること脳内の神経伝達物質に異常が起こり、発症します。

しかし、同じストレス状況下においても、うつ病を発症する方としない方がいます。

これは、もともとの性格が大きく影響しているといわれています。

うつ病を発症しやすい性格としては、まずまじめでコツコツと行動する方が挙げられます。

責任感が強く、気が利く方で、日本社会の中では尊ばれる性格ですね。

また、細かいことを気にしやすい方も、うつ病になりやすいといわれています。

小さなことが気になって、くよくよと悩み続けるタイプです。

さらに、不信感が強く、状況によって感情が大きく変わりやすいという方も、うつ病になりやすいです。

その場の状況に合わせて感情が変化しやすく、そのふり幅も広いという特徴があります。

さらに、活発でリーダータイプの方は、そううつ状態になりやすいといわれています。